ビューティーオープナーのサイトには「30代からの悩み肌に」と記載されていますが、20代で使用するのは早すぎるのでしょうか?

確かにビューティーオープナーはエイジングケア化粧品に分類されますが、できれば20代の人も使用した方がいいです。その理由を詳しく紹介していきます。

ビューティーオープナーを20代から使うべき理由とは?

ビューティーオープナー 20代

20代は、まだ年齢からくる肌の悩みが深刻という人は少ないと思います。でも若い女性がエイジングケア化粧品を使用するのは悪いことではありません。

【1】20代の肌もコラーゲンが少しづつ減少している

20代後半に差し掛かると、肌にハリや潤いがなくなったり、小じわ・毛穴・たるみがだんだんと目立つようになってきます。

これはⅢ型コラーゲンが少しづつ減少していることが原因です。年齢が若いうちはⅢ型コラーゲンが多く生成されますが、年齢を重ねるにつれてⅢ型コラーゲンが少なくなり、年齢からくる肌の悩みが増えてしまうんですね。

ビューティーオープナーの卵殻膜エキスは、このⅢ型コラーゲンの生成をサポートし、年齢肌の悩みをケアする作用が期待できます。

まだ肌の悩みが少ない20代のうちから、早めにコラーゲンを補ってあげれば、当然コラーゲンの減少を遅らせることができますよね。

「肌の老化を予防する」といった意味では、20代からエイジングケアを始めるのもありですよね。

【2】40代、50代の肌に差がつく可能性あり

個人的には、20代のうちからビューティーオープナーのスキンケアを取り入れることは正解だと思っています。なぜなら20代のスキンケアは、40代、50代になったときの肌にも大きく影響しますからね。

同窓会やママ友の集まりなどでは、年相応に見える人が多い中、若い頃からぜんぜん変わらない人っていますよね。

やっぱり普段からしっかりスキンケアをしている人って、いつまでも若々しく見えるのだと思います。

私が20代の頃は、肌のことなんてそんなに気を使ってなかったです。とにかく安い化粧品を使ったり、スキンケアを適当に済ませたりしていました。

でも30代、40代になると「若いときにしっかりスキンケアしてたら、もっと若々しくみられたのかな」なんて考えることも。それだけ肌の悩みって増えちゃうんですよ(汗)

10年後、20年後の事を考えて、20代からしっかりスキンケアをしていれば、30代以降の肌状態が大きく変わる可能性がありますよ。

まとめ

ビューティーオープナーはⅢ型コラーゲンの生成をサポートし、年齢肌の悩みを予防してくれるのは間違いありません。

将来のことを考えれば、20代からビューティーオープナーのスキンケアを取り入れてみるのもアリだと思います。

若いうちは肌の状態もいいでしょうから、毎日使用する必要はないかも知れません。でも定期的にビューティーオープナーでケアすれば、数年後の肌に違いが出てくるはずですよ。

>>ビューティーオープナーの詳細はこちら