女性が抱える代表的な肌の悩みといえば「シミ」ですよね。

卵殻膜エキスを配合したいビューティーオープナーは、ハリやツヤなどエイジングケアには効果的と評判ですが、「シミ」への効果がどうなのでしょうか?

基本的にビューティーオープナーはシミへの効果が認められていません。

ただ間接的にシミへアプローチする成分を配合しているので、中にはシミへの効果を実感している愛用者も結構いらっしゃいました。

そこで、この記事ではビューティーオープナーとシミの関係や情報をまとめておきます。

ビューティーオープナーの「シスチン」はシミにアプローチする成分

ビューティーオープナー シミ

ビューティーオープナーに95%も配合されている主成分「卵殻膜エキス」には、「シスチン」というアミノ酸がたっぷり含まれています。

どのくらい含まれているかというと、なんと人間の肌の5倍以上なんだとか。

このシスチンが体内で「L-システイン」に変化し、できてしまったシミに対して、しっかりアプローチしてくれるんですよ。

「L-システイン」がシミへもたらす効果は?

メラニンの生成を抑えてくれる

肌のシミは「チロシナーゼ」という酵素の働きで、メラニンが生成されることによって発生してしまいます。

L-システインには、このチロシナーゼの活性化を抑制する作用が確認されています。

シミの原因を根本から抑えることができるので、すでにできてしまったシミが濃くなるのを防いだり、新しいシミを予防するなどの効果が期待できます。

ターンオーバーを正常化してくれる

さらに、L-システインは皮膚のターンオーバーを促し、肌の生まれ変わりをサポートする作用も確認されています。

ターンオーバーが乱れていると、シミの原因になるメラニン色素が肌に留まりやすくなって、だんだんシミが目立つようになってしまいます。

ターンオーバーを活性化することで、メラニン色素を含む細胞を体外に排出することができ、シミを予防したり目立たなくする作用が期待できるわけですね。

活性酸素から肌を守ってくれる

シミの原因は紫外線だけじゃありません。「活性酸素」もシミが増える大きな要因のひとつです。

活性酸素は人間の体を守るために必要なものですが、紫外線、喫煙、飲酒、ストレスなどで必要以上に発生してしまうと、シミやシワといった肌の老化を促進させてしまいます。

L-システインはこの活性酸素を体外に排出してくれる働きがあり、肌の老化を最小限に食い止める作用が期待できます。

ビューティーオープナーは美白化粧品の浸透をサポートしてくれる

ビューティーオープナーは「ブースター(導入美容液)」なので、この後に使用するスキンケアの浸透をよりアップさせる効果が期待できます。

分かりやすくいうと、ビューティーオープナーの後に「美白化粧品」などを使用した場合、美白成分の浸透をより高めてくれるということです。

ビューティーオープナーは美白効果が認めら他商品ではありませんが、他に使う美白化粧品の効果をアップさせるわけですから、「間接的なシミケア」と考えてもいいかも知れませんね。

シミへの効果が認められている有効成分

  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • プラセンタエキス
  • トラネキサム酸
  • カモミラET
  • リノール酸

など

 

自宅でシミケアをする場合は、上記のような有効成分を配合した「美白化粧品」が効果的です。

もちろん、その前にビューティーオープナーを使用して、美白化粧品の浸透をサポートしてあげることも忘れずに。

ビューティーオープナーとシミについてのまとめ

繰り返しになりますが、ビューティーオープナーはシミへの効果が認められた商品ではありません。

もしできるだけ早くシミを改善したいということなら、やはりシミケアに特化したスキンケアを使用した方がいいと思います。

ただ、卵殻膜に含まれている「シスチン」は、シミに対して有効なアプローチが期待できる成分であることは間違いありません。

可能であればビューティーオープナーを併用して、シミケア化粧品の効果を最大化してあげることができれば理想的ですね。

>>ビューティーオープナーの詳細はこちら