エイジングケアとして評価が高いビューティーオープナー。より効果を実感するためには「使い方」にチョットしたコツがあるんです。

どのような点に注意すればいいのか、ビューティーオープナーの効果的な使い方や注意点をまとめておきます。

ビューティーオープナーの効果的な使い方 5つのポイント

ビューティーオープナー スポイト

【1】清潔な肌に使用する

ビューティーオープナーがどんなに効果的なスキンケアでも、汚れた肌状態では十分な効果を発揮することができません。

使用前は丁寧にに洗顔をして、余分な皮脂やホコリなどの汚れがない肌状態で使用するようにしましょう。

【2】洗顔後はできるだけ早く使用する

ビューティーオープナーの使用するときは「洗顔後3分以内」に使用するように心掛けてください。

洗顔後は、肌の水分を保護する皮脂も一緒に洗い流されてしまいます。時間が経過すればするほど、どんどん水分が蒸発して肌が乾燥していくわけですね。

乾燥した肌状態だとスキンケア成分の浸透率が低下するので、洗顔後はなるべく時間をかけずにビューティーオープナーを使用するようにしましょう。

【3】肌にやさしく馴染ませる

ビューティーオープナーを肌につけるときは、できるだけ刺激を与えないように、とにかく優しく馴染ませるようにしてください。強くこすりすぎると肌を傷めたり、ヨレてしまう場合があります。

【4】ある程度の期間、継続して使用する

ビューティーオープナーにはすばらしい美肌効果がありますが、短期間で劇的に肌状態がよくなることはありません。最低でも3ヶ月以上の継続を目安に使ってみましょう。

肌の悩みが深刻な人ほど、改善するためにはどうしても時間が掛かります。どんなスキンケアにもいえることですが、やはり毎日の積み重ねが大切ということですね。

【5】生活習慣の見直しも忘れずに

肌状態がよくない理由は、生活習慣に思わぬ原因があったりするものです。きれいな肌状態を取り戻したいなら、ビューティーオープナーだけに頼らず、一度生活習慣で改善スべき点がないか考えてみましょう。

例えば、偏った食生活、飲酒や喫煙、睡眠不足など、肌によくない習慣がある人は、生活習慣を改善するだけでも肌がどんどんキレイになる可能性があります。

それに、肌状態がよくなるほどスキンケアなどの美容成分もより浸透しやすくなり、効率のいい美肌づくりもできますよ。

ビューティーオープナーの基本的な使い方

ビューティーオープナーはお風呂上りや洗顔後に使用し、その後に化粧水、乳液、クリームなどを使用するのが本来の使い方です。

化粧水などを使う前にビューティーオープナーを使うと、後からつける化粧水、美容液、乳液などが、浸透しやすい肌状態にしてくれますよ。

ビューティーオープナーの使い方・手順

ビューティーオープナー 使い方

  1. 洗顔で肌の汚れをきれいに落とす
  2. 手のひらに適量(1~3滴)をとる
  3. やさしく顔全体に馴染ませる
  4. 特に気になる部分(目元・口元など)は重ね付けをする
  5. 化粧水、乳液、クリームなどを使用する

 

目元や口元など、乾燥や小じわがなどが気になる部分には、ビューティーオープナーを重ね付けすると効果的です。

最初につけたビューティーオープナーが浸透してきたと感じたら、もう一度重ねづけをしてあげることで、より短期間で美容効果を実感できると思います。

ちなみに適量は「1~3滴程度」となっていますが、肌の乾燥が気になる人は1円硬貨大を目安に使用するといいそうですよ。

>>ビューティーオープナーの詳細はこちら